合宿免許で免許取得

合宿免許の最大の特徴はリーズナブルさです。宿泊施設に2週間近く泊まり込んで教習に参加するのに通学型よりも5万円から10万円も安く通えることがあります。これは参加する場所や時期、宿泊する施設のタイプによって前後します。そして教習期間は合宿生活であるために、仕事やアルバイト、学校のことを考えることなく教習に集中でき、なおかつ毎日教習があるので知識やスキルが身につきやすいです。

合宿免許参加者合宿の良いところとして、他には日頃出会えない人たちと出会えるという特徴もあります。
同じ目標に向かってメンバーが集まっていることで自然と仲良くなりやすいです。
中には教習が終わってからも付き合いが続くような仲間との出会いがある場合もあります。
人見知りを心配する人は宿泊施設を個室にしたり友人と参加すれば気まずさも解消できます。

運転に不安がある人は、教習期間内に卒業ができるか不安になる人もいます。確かに卒業できず教習延長となる人も中にはいます。しかし、運転に不安がある人こそ合宿免許の方がスキルアップに有効と言えます。教習所は郊外であることが多いので、車の通りも少なく車幅も広いので運転に集中しやすく感覚が掴みやすいです。ただし、地元に戻ったら練習して車通りの多い道や細い道の練習をして慣れる時間を設ける必要はあります。


通学型の免許取得

どこの地域に住んでいても近くに教習所というのはあるものです。もちろん徒歩で通えるところにあるという人は少ないですが、多くの教習所がスクールバスを運行しており、教習に間に合うようにバスに乗って通うことができます。スクールバスも複数のコースがあるおかげで自宅だけでなく学校や職場から通うときにはそこから乗ることもでき、行きも帰りも自宅に近いところまで送迎してもらえるということで通いやすさはとても大きいです。

スケジュールまた、仕事や学校のスケジュールとの兼ね合いで自分のペースで通える点もメリットです。
学校が試験期間で余裕がなかったりアルバイト先が繁忙期の間は教習は休んでそれらのことに集中し、逆に余裕があるときにはまとめて教習所に通うこともできます。
しかし、その反面自由なスケジュールゆえにルーズになってしまうこともあります。自分できちんと強い気持ちを持って通わなければ最後の方に慌てて通わなければならないようなこともありますし、追加料金を払って教習を延長しなければならないこともあります。

もう一つの特徴として、自分の自宅の近くを路上教習で走るので実践的な教習ができるという点があります。免許を取得してから初めての道を一人で走るよりも、教習で何度か走ったことがあれば緊張感も少なく運転をすることができます。